Panasonicのビデオカメラ HC-V520M を買いました

Panasonicのビデオカメラ「愛情サイズ」のHC-V520Mを買いました。

これまでSONYの「ハンディカム」DCR-TRV22を使用していましたが、DVC方式なのでテープからPCへの取り込みが面倒と言う事もあって買い換える事にしました。
DCR-TRV22を購入した時にも色々と比べて購入したわけですが、その時の決め手はズーム速度の速さでした。

正直、現在使用しているPanasonicのデジカメLUMIX TZ-7の動画機能でもかなり満足しているのですが、TZ-7は動画撮影の際にはズーム速度が遅くてもっさりする、と言う欠点があります。
なので、ビデオカメラを買い替えるにあたりズーム速度が遅い物は除外しようと、実際に量販店のリアル店舗に出向いて色々触ってみたのですが……
最近のビデオカメラって、どれもズーム速度速いのね……

嫁さんも使う事を考慮すると手ぶれ補正の優秀な物が良いな、って事もあり、SONYのハンディカムかPanasonicの愛情サイズのどちらかが良いかな、と言う感じになりました。
丁度新機種との世代交代の頃合いだったらしく、機能が改良された新型か、新型が出てお手頃価格になった型落ち品の両方が選べる状態でしたが……

リアル店舗で色々見た結果「ハンディカムは重い!軽いのが良い!あ、ピンク可愛い……え?新しいのはピンクゴールド?う~ん、ピンクの方が好き!」と言うよめさんの意見を全面採用する事になりました。
正味機能的にはSONYのハンディカムが魅力的だったのですが……Panasonicの愛情サイズ、めちゃ軽いやん……
元々TZ-7(デジカメ)の動画機能でそこそこ満足してたので、そこまで機能重視でも無かったので、って事で嫁さんが気に入ったHC-V520Mのピンクに決定。

でも実際問題、ピンクだけボディに桜の花びらがあしらわれていて、かなり綺麗で良い感じです。

で、結局買ったのは、見に行ったリアル店舗ではなくDigimart楽天市場店
リアル店舗で見ている時点では決めかねてカタログだけ貰って帰って、帰宅してからじっくり検討した結果、でもう一回出かけるのも面倒だったので。
まぁ、リアル店舗の方では子供用にプラレールの店舗独自セット買って帰りましたが、それは別のお話。

さて……買おうと思い立ったのが先日って事で、既に底値も過ぎて流通在庫分の安い所からはけて結果値段が上がってきている今日この頃。
安い所でも3万円超。もう一週早く検討していればカメラのキタムラで3万円切りだったようなので惜しい限りです。
カメラのキタムラだとスタジオマリオの撮影券とか付いてきて値段以上にお得なんですよね……
白は残ってるみたいだけど、ピンクは無かったので……

で、結果Digimart楽天市場店で購入する事に。
楽天の中では比較的安かった事と、丁度ポイント10倍キャンペーンだったので、ポイント還元分を考慮すれば実質3万円切り。

注文したのが2月9日の日曜日、かつ火曜日の2月11日が祭日だったせいで、結局発送されたのは12日の水曜日。
欲を言えば10日の月曜日に注文受け付けた時点で発送処理までして欲しかった所ですが……

発送連絡で福山通運である旨と伝票番号知らせて来てたので、事前に福山通運に電話して夜間配達(18時~)にして貰う事に。

紙袋で届いたのですが、中は化粧箱の外にプチプチぐるぐる巻きだったので一安心。
01外観

中身出したら、今時らしくTVへの接続ケーブルはHDMIでした。

液晶パネル側の桜の花びらが良い感じです。
02本体

コネクタ類の殆どが液晶パネルを開いた内側に。

3DS LLと並べてみたら、3DS LLの方がかなり大きく。
03大きさ

SONYのハンディカムと比べてみると、全長は同じくらいだけど、厚みとかは段違い。
04ビデオ比較

そして……重さ量ったら、愛情サイズってばハンディカムの半分以下でやんの……軽っ!
05ビデオ比較重さ

バッテリー込みでも300gにほど遠く。
これ大容量バッテリーに付け替えても300g行かないですね。

先日保育園で子供の発表会があったので、さっそく使ってみましたが……
軽いので手が楽ですね。

手ぶれ補正も良い感じで効いてて、微妙なブレは消えている感じです。
小ささ故に本体握った状態で録画ボタンが押しにくいですが、液晶パネルに録画のOn/Offを操作できるアイコンが出るので、そちらを使うのが正解な気がします。
ズームも液晶パネルのアイコンでも使えるけど、流石にこちらは本体側のハードキーで操作する方が楽ですし迅速ですね。

今回は撮影時間が短い事もあって、付属のバッテリーで間に合いましたが、これが運動会だとか、テーマパークでパレードなんかを撮ったり、とかになると大容量バッテリー必須な気がします。
一応付属バッテリーでも交渉では2時間持つことになっていますが、実質的には1時間半程度との事なので。
後、付属品に充電器が含まれていないのが大きなマイナス点ですね。

別売りの大容量バッテリーを標準品にして、充電器も付属させておいてくれると言う事無いのですが……
まぁ、あちらさんも商売だしねぇ、って所でしょうかね。

PCへの取り込みには専用のソフトが……
ってソフト以前に、PCに繋ごうと思って、その辺にあったUSBケーブル使おうとしたら使えませんでした。
どうやらミニUSBのようで、マイクロUSBケーブルやらTZ-7の独自形状USBケーブルは使えない様子。
まぁ、流石に今更TZ-7の独自形状とかノーサンキューですが、今時ならミニじゃなくてマイクロの方を採用しておいて欲しかったですね。
おかげで、また一本置いておかないとダメなケーブルが増えた……orz

元に戻ってソフト。
本体にUSBケーブル繋ぐだけではダメで、USBケーブル繋いだ上で本体の電源入れてから液晶パネルで接続先としてパソコンを選択しないといけないのが面倒ですね。
1

内蔵メモリとSDカードは別ドライブとして認識。
内蔵メモリだけで32GBあるので、普通はSDカード不要ですね。
まぁ、数日間旅行に行って、旅先で撮りまくるとかなら用意する必要あるでしょうけど。
2
3

内蔵メモリの方を選ぶと撮影した動画の一覧が出るので、全部選んでコピー開始。
4

取り込み先のフォルダは、取り込み専用に作成しておくのが良さそうです。
フォルダ指定すると、そのフォルダ以下のサブフォルダ含めて画像や動画の一覧を表示しようとするので。
5

取り込んでしまえば、後はm2tsファイルを動画プレイヤーで再生するなり、編集ソフトで編集するなり。
TZ-7付属のソフトは使えないので、こちらもそれぞれ別途インストールしておかないとダメなのが面倒ですね。

実際に使用した感想としては、手に握れるサイズで軽量なので、あちこち持ち歩くのに良さそうな感じです。
手ぶれ補正は流石Panasonicと言う感じですね。
TZ-7だとブレが発生していただろう部分も、ブレを抑えてくれている感じでした。

新型のHC-V550Mは傾き補正がHC-V520Mの2倍らしいですが……まぁ、HC-V520Mでも十分優秀です。
値段がこなれた事もあって人気なのも頷けますね。

とりあえず標準バッテリーでは心許ないので、大容量バッテリーも追加注文しました。
これまた嫁さんが選んだバックと一緒に頼んだのですが、バックの方が取り寄せだそうで、到着するまでには暫くかかりそうです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*