Benesseの情報漏えいのお詫びの手続きをしてみた

さて先日、Benesseから情報漏えいのお知らせが届いた旨記事にしましたが……
遅れて届くと思います、と回答されていた筆者の分が届きました。
これで見事に家族全員分情報漏えいです。

と言う訳で、個人情報を勝手に売られた代価である500円の受け取り手続きを行ってみたいと思います。

先ずはベネッセのサイトにアクセスし、今回の情報漏えいに関するページを開きます。

お詫びの品のお手続きについて」というページから開始です。
ベネッセ01

ページ中ほどにある「お詫びの品のお手続きはこちら」という青いボタンをクリックします。
すると「お詫びの品 受付ページ・照会画面」に遷移します。
ここでベネッセから送られてきていた封書の中の紙に記載されている「ご登録用コード」と「ログインキー」を入力します。
ベネッセ02

「ログインキーを表示」にチェックを入れておくと、ログインキーを見ながら入力できるので、打ち間違いが心配な場合はチェックを入れておくのが良いですね。
入力が完了したら、赤い「次へ」のボタンをクリックします。

「お詫びの品 選択ページ」に遷移します。
お詫びの品は3種類から選べます。

  • 電子マネー
  • 500円分の全国共通図書カード
  • 財団法人ベネッセこども基金へのご寄付

ベネッセ03

ベネッセに寄付とかふざけてんのか?って感じですが……
普通に考えると、電子マネーか図書カードの二択ですね。

図書カードの場合は、届くのが最長6ヵ月後になるかもしれないとの事。
どうしても図書カード、でなければ素直に電子マネーにするのが良いでしょうね。

筆者は電子マネーを選びました。

そして忘れてはいけないのが「個人情報を消去する」のチェックボックス。
ここにチェックを入れておくと、ベネッセが保持しているデータからは個人情報を消してくれるそうです。
勿論、一度流出してしまった個人情報を消す手段は存在しませんが、ベネッセの分だけでも消しておいた方が良いでしょうね。(現在ベネッセを利用していない人に限りますが。)
なお、初期状態ではチェックが入っていませんので要注意です。

お詫びの品を選んで、「個人情報を消去する」のチェックボックスにチェックを入れたら、また赤い「次へ」のボタンをクリックします。

「お詫びの品 確認ページ」では、入力した情報の確認を行います。
ベネッセ04

間違えていなければ赤い「受付の確定」ボタンをクリックします。
「お詫びの品 お手続き完了ページ」で受付自体は完了です。
ベネッセ05

今回は電子マネーを選んだので、赤い「電子マネーギフト交換手続きへ」のボタンをクリックします。
するとNTTカードソリューションイージョイカ セレクトギフトのページへ飛ばされます。
ベネッセ06

利用者規約とか表示されていますが、ページを下にスクロールさせると、緑色の「同意して次へ」のボタンがあるので、それをクリックします。
ベネッセ07

「EJOICAセレクトギフト ID入力」でIDを入力するインプットボックスがありますが、ここにはベネッセで発行されたIDが入力済みなので、そのまま「同意して次へ」をクリックすればOKです。

次の画面に遷移すると「お手持ちのギフトIDの内容確認」の表示が出ます。
ここで表示されている内容自体は気にする必要が無いので、ページを下にスクロールします。
ベネッセ08

ページを下にスクロールすると、電子マネーの種別選択があります。
交換出来る電子マネーは3種類。

  • nanaco
  • 楽天Edy
  • Amazonギフト券

ベネッセ09

かなりまともな選択肢ですね。

生憎と筆者はnanacoや楽天Edyは使用していない(事前にチャージが必要な電子マネーって嫌いなんです。)ので、Amazonギフト券を選びます。
Amazonギフト券なら使用頻度が高いですしね。

交換したい種類の電子マネーの枠内にある青い「登録サイトへ」のボタンをクリックします。

筆者の場合はAmazonギフト券を選んだので以下のような画面に遷移しました。
ベネッセ10

EJOICAセレクトギフトIDには初めからIDが入力済みです。
後からでも交換したAmazonギフト券番号を確認出来る様にEメールアドレスを登録しておきましょう。

次へ進むと「交換内容の確認」です。
ベネッセ11

そのまま「交換する」のボタンをクリックしましょう。

すると無事にAmazonギフト券番号が発行されました。
ベネッセ12

Amazonギフト券の有効期限は、交換した日から1年間になります。
まぁ、1年経つ前に使い切っちゃいますけどね。

なお、このAmazonギフト券番号、先程登録したEメールアドレスへ送付されてきたりはしないので、自分でちゃんとメモっておく必要があります。
心配なら、このページを保存しておく方が良いですね。

Yahoo!BBの悪しき前例で個人情報のお値段は500円、と決まった感があります。
たった500円ぽっちか!と怒る方もいると思いますが……
ちゃんと支払われるだけマシでしょうね。

ちなみに、うちの子供のお友達のお母さん、ベネッセにスマホのメールアドレス登録してたために、個人情報流出して以降おかしなメールが大量に届くようになったそうで、メールアドレスを変更する事にしたそうです。

筆者はPCメアドを登録してましたが……とりたてて迷惑メール増えた感じは無いですね。
まぁ、届く前にgmailのスパムフィルタが弾いているだけかもしれませんが。

色々と各所で実害と言えるレベルの問題は起きているようですので、その辺りを踏まえて同じような不手際を起こさないように気を付けて欲しい物ですね。

ある意味ではベネッセも被害者と言えますが……それはそれ、これはこれ、ですので。

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. よしかじゅんこ より:

    ナノコカードをつくり、いざ手続きの画面へ。。。何日も何度も全くつながりませんよ。

    1. cougar(管理人) cougar(管理人) より:

      to よしかじゅんこ さん

      今見てみましたけど、ログインキーを入力する画面までは普通に繋がりますね。
      流石にそこから先は、うちは既に手続き終えちゃってるので確かめるすべがありませんが。
      後、EJOICAセレクトギフト の方もID入力画面は普通に繋がりますね。

      どちらも初期入力の画面にすら繋がらないのなら、貴女のアクセス環境(通信設定やセキュリティソフトなど)を見直す方が良いかもしれませんね。

コメントを残す

*