To Feel The Fire

何か凄い事になってますね。
世界のスティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)を捕まえてパクリ呼ばわりする無知な恥知らずが湧いているそうで。

どうやらスティーヴィー・ワンダーがオリジナルである”To Feel The Fire“を、ワンオクとか言うグループがパクってカバーしていたらしく、そちらのパクリカバー曲しか知らない お子ちゃま達がオリジナルをパクリ呼ばわりして大騒ぎ、って事のようですが……本当に失礼にも程があるわ!

fire

まぁリアルで流れていた時から世代交代もしていますので、千歩譲ってオリジナルを知らなかったのは大目に見るとしても、ちょっと調べればワンオクとやらの方が使わせて頂いている事が判るのに、かのスティーヴィー・ワンダーを捕まえて、あろう事かパクリ呼ばわりとか ゆとりもここに極まれり、って感じですよね。

こういう馬鹿な発言してると恥をかくのはワンオクとやらだと思うのですけどね。
阿呆なファンの不用意な発言がタレント本人の評価も下げる訳です。
まぁ、既に手遅れでそこかしこでワンオク叩かれてるみたいですけど。

ところで、その話題になってるワンオクって一体何なのでしょうかね?
どっかのニュース風バラエティで名前をチラッと聞いたような聞かないような……

ぐぐってみたら、正式名称がONE OK ROCK(わん・おーけー・ろっく)とかいうらしく、森進一夫妻の息子がボーカルやってるって事で話題になったバンドらしいですね。

とりあえずYouTubeで”To Feel The Fire”検索するとオリジナル以外にも当時のキャンペーンで行われた”SOUL of FIRE”(実力派歌手8名によるカバー)でのカバー曲および、今回のパクリ騒動のワンオクによるカバーもあるようなので聴き比べてみると良いですね。(ニコニコ動画の方に”SOUL of FIRE“が上がってますね。アカウントある方はそちらの方が良いかも。)

心に染み入るオリジナル、それぞれの歌手が持ち味を生かしてアレンジされた”SOUL of FIRE”、そしてただ歌ってるだけのワンオクのパクリカバー。
本当にアレでオリジナルをパクリ呼ばわりとか片腹痛いですよね。

まぁパクリ呼ばわりしてるのはワンオク持ち上げてる一部の恥知らずであって、ワンオク自体はお仕事でカバー曲歌う事を要求されたから”To Feel The Fire”に込められた想いとかも知らずに、お仕事として坦々と歌っただけでしょうけど。

“SOUL of FIRE”は中にはアレンジし過ぎなのもありますが、それぞれの曲聴くとちゃんと歌ってる歌手の特徴がアレンジに生かされているんですよね。
ワンオク版には それが無くて本当に ただ歌ってみた ってだけ。

アナ雪の人気の無いエンディングも坦々と歌ってるだけだったけど、こういう歌に想いを込めずに、ただ綺麗に歌うだけ、ってのが今の流行りなんでしょうかね?

いずれにしてもオリジナルをパクリ呼ばわりした恥知らずは、ちゃんと訂正と謝罪を行うべきですね。

カバーをパクリと呼び、自分たちが支持しているバンドこそが、その(彼らの言葉的には)パクリ野郎であるという自覚も無く、オリジナルをパクリ呼ばわりして平然としていられる厚顔無恥さが信じられませんね。
今回の件は若い世代だから、オリジナルを知らないから、では済まされない非常に恥ずべき行為です。

馬鹿なことを拡散する前に、その馬鹿な事を拡散するためのツールの入った電子機器で最低限の事くらい調べてからにしろ、と言いたいですね。

特にスティーヴィー・ワンダーのファンと言う訳でも無いですが、”To Feel The Fire”が心に響いた世代としては今回の件は許せないですね。
あちこちで問題視されてますから、不用意な発言した連中は特定されて追い込まれていくことになるとは思いますが。

と言う訳で、”To Feel The Fire”は
スティーヴィー・ワンダーこそがオリジナル、ワンオクとやらがパクリカバー。
スティーヴィー・ワンダーこそがオリジナル、ワンオクとやらがパクリカバー。

コピペミスではなく、大事な事なので2回書きました(w

正味パクリ発言が釣りだとしても、ここまで話が広がっちゃうと釣りでした、では済まないんですよね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*