TMGはAmazon配送から手を引けよ……

前回に引き続き、TMG被害パート2です。

前回で懲りたのでTMGの不在連絡票に記載の番号は信用せずに、Amazonの配送状況確認ページに記載の番号を使用する事に。
買い物にでかけている最中に届けられて不在になったようですが……
昼過ぎに再配達依頼しても最速で18時~20時しか選べないって時点で終わってますね。

まぁ、そこは千歩譲って妥協するにしても……
今回は再配達時間を過ぎても配達されず、遅れるとの連絡すらない状態。

通常なら不在連絡票に記載のドライバー直通電話番号なり、コールセンターへ電話して状況確認する訳ですが、ことTMGに関しては毎度の如く、ドライバーの連絡先は未記入、ドライバー名も未記入、コールセンターはフリーダイヤルも一般電話も通話中状態で一切繋がらず、と言う、宅配業者としてとかいう以前に、顧客相手の商売として論外な状態です。

一応、今年の6月頃にTMG配送された時は、ちゃんとフリーダイヤルも繋がって再配達依頼出来ていたんですけどねぇ……
数か月の間に一気に質が落ちた感じですね。
対応がマシだった頃はAmazonからのお試し期間で、それ過ぎて仕事貰えるようになったから一気に質が落ちた、とかなのでしょうかね?

いずれにしても、現状では確認のために連絡しようにも連絡手段が無いと言う最低・最悪の業者になっちゃってます。

と言う訳で、Amazonのカスタマーサービスにクレームがてら連絡。
amazon

電話を選ぶとAmazonのカスタマーサービスから電話が掛かって来るので、先ずは状況説明。
配送業者がTMGで不在連絡票が酷い有様で連絡の取りようが無い事を伝え、AmazonからTMGに確認が取れるか聞いてみました。

すると本人確認された後、Amazon側のDBで照会したようで、配達中ですね、とか当たり前の事を言って来たので、AmazonのページでもTMGのページでも配達中なのは確認できる旨を伝えた上で、再度再配達依頼時間を過ぎても届かない旨と、TMGに連絡しようにも連絡をする手段が無い旨を説明。

ようやく理解したのか、Amazon側からTMGにメール連絡しておきます、と。
おいおい、メールかよ、と思いつつ、それ以上は無理なんだろうな、と言う事で、後はTMG使わないようにして欲しい旨をストレートに伝えて電話終了。

まぁ、今後もTMGで配送されてくる度にAmazonにクレーム入れる事になるんでしょうが……
まともに仕事する気が無いのなら、TMGはAmazon配送から手を引いて欲しい物です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*