クロワッサンたい焼き

先日、ららぽーと和泉 に行く機会があり、店内探索してたら一昔前に一部で一瞬話題になったようなならないような、クロワッサンたい焼き が売ってました。

パイ生地の間にあんこ挟んで、たい焼き型で焼いた物、ですね。

簡単に作れそうなので、クロワッサンたい焼き もどき を自作してみました。

クロワッサンたい焼き もどき を作る前に、本家 クロワッサンたい焼き を。

購入したのは 銀のあん ららぽーと和泉店。
001002

たい焼き型使ってるのでたい焼きの形をしてますが、バリの部分のパイ生地はそのままです。
003

こんがり。
004

パイ生地の中にあんこ。
005

せっかくなので、型抜きしてみたり。
006

片面のみザラメが見えています。(裏面にはありませんでした。)
007

パイ生地のサクサクとした食感に、甘さ控えめなあんこ、そして表面のザラメの甘味が程好くマッチしていて普通に美味しいです。
まぁ、たい焼きの形してる意味は全くありませんが。

本家を確認した所で、いざクロワッサンたい焼き もどき を作ってみましょう。

近所で売っていた市販のあんこの甘味が強いので、甘さ控えめなあんこを求めて、小豆を茹でてあんこも自作します。
008

パイシートの方は、面倒なので市販品を利用。
009

ワッフルベーカーで作成しますが、たい焼きプレートは無いので、ホットサンドプレートで代用します。

本体が温まったらパイシートを敷きます。
010

そして、パイシートの上にあんこを。
011

さらにその上にパイシートを重ね……
012

最後にワッフルシュガー(あられ糖)を散らします。
013

後は蓋閉めて焼き上がるのを待つだけ。
014

こんがりと焼き上がりました♪
015

お皿に盛ってみた。
016

半分に切った所。
パイ生地サクサク。
017

本家と比べてみる。
比較

うん、大体こんなもんだろ。OK、OK。

自作すると甘味の調整が出来るのが利点ですね。
パイシートは市販品なので失敗なし。
外はサクサク、中のあんこは甘々、ワッフルシュガーも融けて良い感じに。

ちなみに、作業手順的にはワッフルシュガーは一番初めにプレートの上に散らす方が良いですね。
最後にパイシートの上に散らすと、下にこぼれ落ちてしまうので。

ワッフルベーカーがあると、こういうのも簡単に作れて良いですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*