堺市プレミアム商品券

巷で良くも悪くも話題になっている地域別プレミアム商品券。
筆者の在住する堺市も「堺市プレミアム商品券」として募集がありました。

一般応募枠とは別に子供の分の子育て割引枠があり「子育て割引×2、一般応募×4」の応募可能な最大数で応募しました。

そして、結果発表……

当選分「子育て割引×1、一般応募×1」という結果に……
プレミアム商品券

堺市の堺市プレミアム商品券公式サイトの発表によれば、発行冊数20万冊の所へ51.5万冊、12.6万件の応募と言う事で、単純計算だと応募すれば半分くらいは当たる計算になる訳ですが、実際には3割しか当たらなかった事になります。

まぁ、一般枠のが1つでも当たっただけマシではあるんですが、子育て割引枠については葉書1枚に付き1冊な訳だし、堺市の方から応募葉書送って来ておいて、応募したら落選するとか釈然としない物がありますね。

巷の噂では「往復葉書で応募した人は当選通知を返信用に貼って送るだけで済むのに対し、ネットから応募した人は運営事務局の持ち出しで当選葉書を送付しないといけなくなるので、ネットから応募した場合の当選率が減らされている」なんて言われてますね。

真偽の程は兎も角、そのくらいネットから応募した場合の当選確率が異常に低いって事のようです。
実際問題うちもネットで応募した分は4通送って1通しか当選してませんしね。
子育て割引枠対象者がいない知人の所に至っては、全数ネット応募で全数落選だったようですし。

もし本当に葉書有利にしていたのなら、それはそれで問題なんですけどねぇ……
ついでに、重複応募は禁止となっていたので馬鹿正直に重複応募はしなかった訳ですが……
重複応募で両方とも当選した人がいる、なんて話もあるので、本当に厳正に抽選が行われたのかどうかすら疑わしい感じですね。

後は関係者が自分たちの分を先に確保してたり、とかしてなければ良いんですけどね。
ここの所の他所の地域のプレミアム商品券に関するニュース見てると関係者の不正蔓延りまくりですしね。

実際どうだったのかは中の人しか判りませんから……
と言う事で、内部告発お待ちしています!(をぃ

だからって抽選方式ではなく、販売所で早い者勝ちとかにされると時間持て余した暇人が有利になって、もっと酷い状態になるのは他所の地域の報道見ても判る通りですし。
なので抽選方式だっただけ未だマシだったのかなぁ、と。
もっとも、せめて子育て割引対象枠くらい全数当選しとけよ、ってのはありますが。

さて、当選云々についてはここまでにしておいて……

当選分の引き替えは近所のヨーカドーにしておいたので、さっそく引き換えに行ってきました。
引き換えで行列出来てたら大変だなぁ、と意気込んで朝から行ったのですが……
意外と空いてました(^^;

特設された引き換えコーナーで葉書渡して商品券の綴りを購入。
子育て枠の分と、一般応募の分は別々に精算でした。

子育て枠×1冊と一般応募×4冊で計5冊。
プレミアム商品券綴り

このプレミアム商品券、全部まとめて子供の中学校の制服代に消える事が決定してたりして(^^;
冗談抜きで学校用品の談合とか廃止して貰いたいですよね……
制服一式で6万5千円弱って……ボリ過ぎ……
なのでプレミアム商品券のおかげで1万円強浮くのは有難いですね。

もう、いっそのこと全国で制服統一して、極論するとユニクロ(安かろうxxかろうの代表として)とかでも気軽に制服買えるくらいな感じにして欲しいですよね。
制服安けりゃ成長に合わせて毎年買い替えとか出来る訳だし。
まぁ、色々と面倒なので制服なんて廃止してくれるのが一番な気がしますが。

ヨーカドーとかで売ってる、なんちゃって制服の方が可愛いしな(w

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*