Inateckワイヤレス スポーツBluetoothヘッドセットBH1001

手軽に音楽を楽しむ方法としてポータブル・オーディオ・プレイヤーがありました。
今はスマホが その代わりを務めている人も多いんじゃないでしょうか。
かくいう筆者もスマホをプレイヤーとして使用しています。

さて、プレイヤーで音楽を聴くために必要になるのがイヤホン・ヘッドホンですね。
今回は InateckのBluetoothイヤホン BH1001 です。

Inateckワイヤレス スポーツBluetoothヘッドセットBH1001

イヤホンが良いか ヘッドホンが良いか は人其々ですが、筆者はカナル型のイヤホンを好んで使用しています。

ただワイヤードのイヤホンだとケーブルが邪魔になるし、ケーブルノイズも気になります。
シュア掛け出来る形のイヤホンであれば、シュア掛けすればノイズを抑えることは出来ますが、ケーブルが邪魔になるのには変わりありません。

そこで出てくるのがBluetooth式のイヤホンです。
純粋な音楽プレイヤーでBluetooth対応のものを探すと大変ですが、スマホなら対応していないものを探す方が大変なくらいです。

ただBluetooth式のイヤホンもピンキリで、安い物なら千円台からありますが、上は数万円クラスもザラだったりします。
安いイヤホンの中にはBluetoothが切れやすいと不評の物も多いようです。
かと言ってポータブル音源で使うのに数万円クラスのイヤホンと言うのは余程の趣味人でなければ手を出し難いものです。

自ずと数千円クラスの物の中から探すことになりますが……
今回レビューするBH1001、実売で3,500円強と言う事でBluetooth式イヤホンの中では割と安い部類になります。
さて、その実力は如何に?

商品のチェック!

先ずはパッケージ。
青を基調としてイヤホンの線画が描かれているシンプルな物になっています。
パッケージ

以下が内容物になります。
イヤホン本体に収納ケース、充電用USBケーブル、サイズ違いのイヤーピース、そして取説。

内容物

収納ケースが付いているのは嬉しいですね。
作りもしっかりしていて良い感じですね。
ケース

内部はメッシュポケットになっています。
ポケットにUSBケーブルを入れておくと安心かもしれません。

ケースの中ケースへ収納

BH1001は左右のパッドの先が磁石になっていて近づけるとピタッとくっつきます。
良く見ると左右のパッドの先が其々凸凹になっていて、くっついたときにズレないようになっているのが判ります。
イヤホン部

イヤーピースについては、最初から装着されているのがMサイズ、付属のがSサイズに相当するんじゃないかと思います。
と言うのも、両方試してみて付属の方は若干緩めだったので。
一般的なイヤホン装着した際の装着感と比較すると、そんな感じかなぁ、と言うところですね。

実際に使ってみよう

相変わらずペアリングは簡単ですね。

実際に使用すると以下の写真のような感じになります。
結合時

ネックバンド(ネックストラップ)式なので、通常だと耳から外すと落ちやすくなりますが、BH1001の場合磁石でくっく事で落下防止になるんですね。

耳に装着すると以下のような感じになります。
装着

スマホ対応リモコン付きで、装着時リモコンは右側になります。

実際に使ってみて先ず驚くのは音がクリアな事。
全然ノイジーじゃないんですね。ワイヤードのイヤホンと比べても遜色ありません。
主に通勤時に使用するので、スマホは鞄の中に放り込んであるのですが、鞄にスマホを入れて持ち歩く場合のスマホの位置が概ねズボンのポケットに入れるのと同じくらいの位置になっています。

安いBluetooth式イヤホンの中には、その程度の距離でもブチブチと接続が切れまくって使い物にならないものもあるようです。
そういうのが概ね実売2千円台。BH1001はそれより千円程度高いですが、僅か千円程度の差でここまで違うんなら余計に千円出してでもBH1001にしておくべきだと思いました。

音がクリアなのはaptXに対応している上、Bluetooth Class2なのが大きく貢献していると思われます。
製品紹介には特に通信クラスについては記載がありませんが、採用されているCSR8645チップセットについてググるとクラス2対応である事が判ります。

Bluetooth4.1という事でバッテリーの持ちも良く、フル充電してから使ってみたところ、スペック通り8時間程度使うことが出来ました。(実際にバッテリー切れるまで使ってみました。)
通勤で片道1時間程度で電源のOn/Offを繰り返して使用しての実運用で概ね8時間持った訳ですから、なかなかのものだと思います。
と言うか……イヤホンより先にスマホの方がバッテリー尽きちゃうんですよね……
FREETELのPriori2はlollipopになった際に自動電源On/Off機能が追加されたおかげでバッテリ切れまでの時間が長くなりましたが、プレイヤーとして使ってるのはSHARPのSH-M01なのでlollipop対応とか先ずあり得ないのが残念ですね。

と言う訳で、イヤホンのバッテリー切れ心配するよりスマホのバッテリー切れの方を始終気にかけておかないといけないのが実情です。
ついでに防水規格のIPX4(防沫形:あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がない)にも対応しているので、ランニング等の際に使用しても汗で壊れる心配がないのも嬉しいですね。
まぁ現実的には夏場に汗の心配しなくても良い、って事の方が実用上での利点な気がします。

総評

正直ここまで凄いとは思ってなかったんですよね。
値段は安物に比べれば高いけれど、Bluetooth式の中では それでも安い部類です。

なので値段相応程度の物であれば良いなぁ、くらいだったんですが……
予測を良い意味で裏切って遥か上の方の性能でした(汗

ノイズキャンセリングこそ付いていませんが、イヤーピースが耳に合えば遮音性もそれなりにあって割と音楽に没頭できます。
普通に使っている分には音質的にはワイヤード相当、ケーブルがぶらぶらしない分気楽だなぁ、と言う感じ。

ただノイズが走ったり、再生が遅れたり、酷い時は瞬断しまくったり、と言う状況に陥る場合も無い訳ではありません。

それは……道路脇、特に交通量の多い幹線道路近辺等を歩いている場合、違法電波を使用していると思われる車両が近づくと前述のような状態に陥ります。
まぁ、これは製品固有の問題ではなく、ワイヤレス機器全般において避けては通れない宿命です。
つか、違法電波使ってんじゃねーよ!と。

これがトラックやタクシーが原因とかでは無いんですね。
まぁ、中にはトラックやタクシーの場合もあるんでしょうけど、別に普通のトラックやタクシーが横を通り過ぎてもノイズが走るようなことはありません。
違法電波を出す装置を積んだ車が来た時だけ、なんですね。
そして一般車両の中にもそういう車がいます。

違法電波と言うか、過剰出力の無線だったり、出所の怪しいレーダー系の装置だったりするんだと思います。
先日そういう車両が信号待ちで停車している横を通り過ぎましたが、明らかにその車両の近辺でだけノイズが走ってました。
近づいていくとノイズが酷くなり瞬断し……そして通り過ぎて離れていくと、それが収まる。
明らかにノイズの原因がその車両である事が判るんですね。

いずれにしても、そういう不正な電波を出している機器が近くに来たりしない限りは、BH1001で快適に音楽を楽しむことが出来ますね。
なので寧ろ電車の中とかの方が快適だったり。
安物の中には満員電車の中だと通信が切れやすい、なんて話もあるようですが、BH1001でそういう通信切れ……どころかノイズの発生も体験してないですね。

BH1001についてはコスパが良い、ってどころじゃなく、本当にこの値段で良いの?ってくらいですね。
まぁ消費者的には安い方が有難いのは確かなんですけど(w

唯一気になるのは……交換用のイヤーピースって売ってるのかなぁ、と言う辺りですかね。
耳に合うかどうかが一番の問題にはなると思いますが、コスパ的には超絶お薦めですね。
実売2千円クラスのを検討してるんだったら、ちょっとだけ頑張ってBH1001買う方が結果的にお得だと思いますよ。

[公式サイト:Inateck BH1001]

今ならクーポンで10%OFF!(2015年10月10日00:01~10月19日23:59)

クーポンコード:7NGO3AAS

Inateckワイヤレス スポーツBluetoothヘッドセットBH1001

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*