Inateck Bluetoothワイヤレスオーディオトランスミッター BR1002

今回はInateckのBluetoothワイヤレスオーディオトランスミッター BR1002 のレビューになります。

Inateck Bluetoothワイヤレスオーディオトランスミッター BR1002

先ずはパッケージ。
茶色を基調とした外箱の表面にロゴと製品名、商品の線画が白色で描かれています。
内箱は真っ黒。

パッケージ

内箱を開けるとBR1002本体がお目見え。

内容物は本体に短めの3.5mmオーディオケーブル、取扱説明書、充電用のUSBケーブル。
(撮り忘れてたのでUSBケーブルは写ってませんが……)

内容物

本体の表と裏。

表裏

ぐるっと一周。

全体

黒基調の本体に白字でメーカーロゴを、そしてボタン類は赤色。
表面中央の丸い赤いボタン1つで電源のOn/Offやペアリングなどの操作を行います。

ちなみに丸ボタンのふちに見える白い部分は白色LEDでインジケーターになっています。

本体上部にUSBポートと3.5mmオーディオジャック。
USBポートは充電のためだけに存在しています。

ワイヤレスオーディオトランスミッターなので、USBでデータのやり取りを行ったりなどはありません。
でも充電コネクタがUSBに統一されてきているのは良いことですね。

本体右側面にはRXとTXの切り替えスイッチがあります。
RXにすると受信機に、TXにすると送信機になります。

モード

取扱説明書はマルチリンガル。
ちゃんと日本語での表記もあるので安心ですね。

説明書

そもそもワイヤレスオーディオトランスミッターって何?って人もいるでしょうか?

まぁ、読んで字のまま無線で音を飛ばすための装置です。
BR1002はBluetoothワイヤレスオーディオトランスミッターなので、Bluetoothで音を飛ばすんですね。

では、実際にどういう使い方をするのかを……

RX:受信モード

先ずは受信機としての使い方。

年末と言うこともあり田舎へ帰省する直前だったのですが、PCのHDDを吹っ飛ばしてしまうという大ボケをやらかしてしまいPCが使えない状態でした。
田舎への移動手段は車なのですが、移動中にかける音楽をCDに焼こうと思っていた矢先にPC使えなくなって困っていました。

幸いスマホの中には普段聞いている曲が入っているので、それらをカーナビで聴ければなぁ、と言うところでBR1002の出番です。

BR1002をRX(受信モード)に切り替えて、カーナビのAUX(外部入力)端子とBR1002を、BR1002付属のオーディオケーブルを使って接続します。
これで受信側の準備は完了。

カーナビ

その上で、スマホでBluetoothを有効にし端末の検索を行います。
検索開始と共にBR1002の赤いボタンを長押ししてペアリング作業を開始します。

直ぐにBR1002が見つかりペアリング完了。あっさり繋がりました。

後はスマホで音楽プレイヤーアプリで音楽を再生するだけ。
もちろん、カーナビも再生をCDからAUXに切り替えておく必要がありますけどね。

簡単に接続できた上、予想以上に高音質です。
公式サイトの紹介ページや説明書にはaptXの表記が無いので、コーデックにaptXは使われていないと思いますが、その割には音飛びもなく音質も十分なものになっています。

実際に帰省の際に阪神高速走りながらBR1002で音楽を楽しみましたが、なかなか便利ですね。

TX:送信モード

今度は送信機としての使い方です。

最近良く目にするのがTVの音を手元で楽しめるというワイヤレススピーカー。
深夜にTVを見る際に家族を気遣って音量絞ったり、年を取って耳が遠くなった方が音を聞きやすいように手元で聞いたり、なんて使い方をするようです。

BR1002をTX(送信)モードに切り替えた上で、Bluetoothスピーカーと組み合わせれば同じようなことが実現出来ます。

TXに切り替えたBR1002をカーナビの時と同様に付属のオーディオケーブルを使ってTVのイヤホン端子に接続します。

TV

スマホの時は画面を見ながらのペアリングでしたが、今度はどちらも画面がありません。

BR1002の赤いボタンを長押ししてペアリング作業を開始します。
白色LEDが点滅をはじめBluetoothクライアントの検索が始まるので、スピーカー側のペアリングボタンを押してペアリング作業を開始します。

程なくしてスピーカーからペアリング完了音が流れれば、無事にペアリング完了です。

後はTVの電源入れれば、手元に置いたBluetoothスピーカーからTVの音が流れてきます。

今回はスピーカーを使いましたが、スピーカーの代わりにBluetoothイヤホンを使えば音量気にする必要が無くなりますね。

問題点も……

手のひらに収まるサイズで、かつ音質も良く、操作も簡単で良いこと尽くめのBR1002ですが、一つだけ気になる点が。

それは……

白色LEDの輝度が高すぎること。

TVに繋いでいる時はTVの裏になる事もあって気になりにくいのですが、カーナビに繋いでいる際には使用中ずっと白色LEDが点滅しているため、光のちらつきがきになります。
特に夜間走行している時は、暗い中で白色LEDが点滅するので余計に気になりますね。

今回使用した際にはカーナビ側に本体表面を向ける事で多少目に入るのを抑えることは出来ましたが……
LEDを採用する場合は出来るだけ低輝度、かろうじて識別できる程度のものを選んで欲しいですね。

まぁ、付属のオーディオケーブルではなく、少し長めのケーブルを用意して本体が目に入らない位置に移動させれば済む問題ではあるのですが……

BR1002自体は非常に便利なので、これからも重宝しそうです。

[公式サイト:Inateck Bluetoothワイヤレスオーディオトランスミッター BR1002]

Inateck Bluetoothワイヤレスオーディオトランスミッター BR1002

※現在Inateckが「2016年セール第一弾」を開催中です!お見逃しなく!

12555-3830-296243

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*