Inateck Bluetooth ワイヤレス キーボード フォリオケース BK2001

スマホやタブレットって見る分には便利ですけど、文字を入力するには不向きですよね。
まともに使おうと思うと、最低限Bluetoothキーボードが必須です。

今回はInateckさんのBluetooth ワイヤレス キーボード フォリオケース BK2001のレビュー。
これ、iPad Air 2用のフォリオ(2つ折り)ケースを兼ねたBluetooth ワイヤレス キーボード なんです。

先ずはパッケージから。
お馴染みのシンプル仕様で、ブルーを基調に白色でロゴや製品の線画が描画されています。

パッケージ

そして中箱。Inateckのロゴのみなのがシンプルで綺麗です。

内箱

内容物一覧。
本体、充電用のUSBケーブル、取扱説明書。

内容物

取説はマルチリンガル。ちゃんと日本語も含まれているので安心して使えます。

日本語

開いてみたところ。

本体

キーボード部拡大。

キー配置

キーの配列はASCII(US)なので、普段WindowsPCとか、MacでもJISキーボード使ってるような人は要注意。
逆にJIS配列に慣れ親しんでるとかでなければ特に問題ないと思います。

英語配列

iPad Air 2に装着した所。

装着時

上方から撮ってるので間延びしてるように見えますが、開いた所。

装着時2

USB端子からキーボード寄りの部分が磁石になっていて、微妙ながらも角度を変えることも可能です。
普通に見やすい角度になっているので使いやすいですね。

装着時3

使ってみて一番に感じるのは、やっぱり物理キーボード最高!って事。

本体を装着する部分も厚過ぎない程度に厚みがあって、かつカチッとハマって、しっかりとホールドしてくれる感じです。
カバーの方も作りは丁寧で、粗悪品に有りがちなホツレや歪みは見られませんでした。

惜しむらくは、その重量。
装着したままの状態だと、ほぼiPad Air 2を2台持ち歩いているような物なので、外歩き用には向かないですね。
宅内のあちこちで使う、とかであれば全然アリなんですが。
まぁ、ノートPC持ち歩いている外回りの営業マンとかなら、全然アリな重さだと思いますけどね……

公称値スタンバイで90日、と言う驚異的なバッテリーの持ちを実現するためのバッテリーが、そのまま重さに反映されている感じなのでしょうかね。

後、細かい部分で言うと、充電用の本体コネクタがLightningではなくUSBなので、付属の充電用ケーブルもUSBケーブルになっている点。
まぁ、Lightning使うと製品価格に跳ね返って来るのが容易に想像できますが、せっかくならLightningでiPad本体もキーボードも両方兼用出来ると便利だったかも。

iPad本体用に別途、同社のライトニングUSBケーブルも用意しておくと良いかもしれませんね。
InateckのライトニングUSBケーブル、評判が良いようですし。

[公式サイト:Inateck Bluetooth ワイヤレス キーボード フォリオケース BK2001]

なお、Inateckオフィシャルサイトで会員募集中だそうです。
入会するとAmazonのInateckショップで使える15% OFFのクーポンコードが貰える上、キャンペーンやタイムセールと言ったお得情報も得られる模様。
さらには、Amazon経由ではなく直接Inateckカスタマサポートへ連絡出来るようになるので、これまで以上に迅速に問題解決されるかも。

登録方法は、Inateck公式サイト右上の「サインイン」で表示されるログインフォームの下部にある「アカウントの新規作成」から。
Inateck製品を愛用している方、気になってる方は登録しておいて損は無いかも。

10163-3830-296548

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. cougar(管理人) cougar(管理人) より:

    Bluetoothの接続手順はご存知ですか?

    iPad側の操作手順は以下を参考にしてください。
    https://support.apple.com/ja-jp/HT201205
    https://support.apple.com/ja-jp/HT204091

    ケース側の操作手順は以下を参考に。
    http://www.inateck.com/downloadable/download/sample/sample_id/44/

    ケースの取説にiPad側の操作も含めて記載されているので、そちらを見ながら行えば接続できますよ。

  2. ニッキー より:

    製品に接続ができないんですがどうしたらいいですか?

コメントを残す

*