MUSON アクションカメラ MC2

以前からアクションカメラが気になってたのですが、GoPro互換機が割とお手頃価格なので買ってみました。

 MUSON アクションカメラ MC2

先ずはパッケージ。
パッケージ

amazonで取り扱っていたのは黒だけだったのですが、パッケージを見る限り割と豊富にカラバリもあるようです。

箱を開けるとハードケースがドンッ。
ケース

収納ケースを開くと……なんか一杯入ってます……
開封

本体だけなら3千円くらいからあるようですが……
互換機だけあってピンキリで評価の方も様々。

今回MUSON アクションカメラ MC2を選んだのは付属品が豊富な事もありますが、amazonでアクションカメラで検索して出てきた時に「ベストセラー1位」だったのが大きなポイント。
ぶっちゃけ安全パイだったって事。

さて、付属品の方はと言うと……

カメラ本体が入っている側の方にはクイックリリースバックルが取り付けられた本体防水ケースに入ったカメラ本体(長い……)に、延長アーム3種、ネイキッドフレームにハウジングマウントアダプター、予備バッテリーにバッテリー充電器、そしてリモコン。
内容物1

収納ケースのポケット側にはヘルメット固定部品に、ハンドルパイプマウント、サポートベルトにリモコン固定用ベルト、結束バンドにクリーニングクロス、フレーム用クリップアダプターにUSBケーブル、マイクスリット付バックドア、そして取説。
内容物2

これだけ付いてて全部使うのか?と言う疑問はありますが、まぁ色々遊べそうではあるのでOK、OK。

なお付属品の数があって大変ですが、amazonレビューでは付属品の抜けも割と指摘されていたので、全て揃っているか確認しておく方が良さそうです。
ただレビュー見てるとネガティブ意見の多くで日本語が怪しいので、競合他社の妨害工作の可能性もあったりしますが……

と言うわけで、一通り確認してみましたが、特に不足な物もなく全部揃ってました。

カメラ本体を見てみよう

防水ケースからカメラ本体だけ出してみました。

本体正面。
左側の丸いのが電源スイッチ、右側の丸いのがレンズ。
本体正面

本体向かって右側面。
左側がDHMI(マイクロ)端子、右側の上がUSB(マイクロB)端子、右側の下がMicroSDカードスロット。
ちなみに写真右側が上部になります。
本体右側面

本体上部。右の赤丸がシャッターボタン。
白丸の部分は電源ON時は赤く光ります。
本体上面

本体向かって左側。
上のボタンで再生モードに切替、下のボタンでWi-Fi接続モードに切替。
この場合のWi-Fiはカメラが親機で、そこにアプリを通じてスマホを接続する形になります。
ちなみに写真左側が上部になります。
本体左側面

本体下部。バッテリースロットになっています。
本体底面

カメラには予めバッテリーが刺さっています。
 
そして重さ。バッテリー込みで僅か64g、軽っ!
サイズの方も59mmx41mmx24.6mmとコンパクト。
手で握ると手に隠れるサイズですね。
重さ

実際に使ってみた

玩具並みの値段ですが、画質は悪くないですね。
広角レンズなので撮れた写真は若干球面状になりますが……
サンプル縮小版
(フルサイズはこちらから→フルサイズ画像(4,522,291 バイト)
 
ちなみに以下は5歳の子供が取った写真。
FHD0047FHD0046

被写体は兎も角、小型軽量コンパクトな事もあり、小さな子供にも扱いやすいようです。
特に強力な手ブレ補正的な機能がついているわけでも無いですが、割りと綺麗に撮れています。
 
以下は動画の撮影サンプル。

手軽にFullHDの動画が撮影できます。
付属の防水ケースを使えば水深30Mまでの水中撮影も可能なようなので、水がかかるイベント等にも重宝しそうです。
 
またループ撮影やタイムラプス撮影も可能と言うことなので、車載カメラとしてドライブレコーダー代わりに使用したり、おもしろ映像作るのにも使えそうです。
 
電源スイッチを押す毎に、ビデオ撮影→写真撮影→連写モード→タイマー撮影、設定画面→ビデオ撮影(最初に戻る)のトグルになっています。
 
設定画面では電源ボタンがキャンセルボタン、シャッターがOKボタン、左側面のボタンが上下移動になります。
最近は液晶がタッチパネルのものが多く、思わず液晶押しそうになりますが、そこはそれ物理ボタンでの操作になっています。
 
表記は初期状態で日本語が選択されていますが、他の言語に切り替えることも可能です。
概ね大丈夫ですが、一部ONにオフ、OFFにオンの誤記があったりするのはご愛嬌。
まぁ、英語が併記されているので英語の方見とけば問題ないですね。
 
なお、Ez iCamというアプリを使用することで、MC2(カメラ)をスマホから操作したり、撮影した写真をスマホにダウンロードする事が出来ます。
アプリ

総評

GoPro互換機だけあってレンズやボタンの配置は類似品含め皆同じ。
余程拘りがあればオリジナルを選ぶのもアリですが、手軽に使える玩具が欲しい、であればGoPro互換機で十分な気がします。
 
GoPro互換機と言うことで種類豊富なGoPro向けアクセサリーを別途入手して使うことも出来るので利用範囲は広そうです。
それでなくとも今回購入したセットは付属品が豊富なので、当分はこれだけで遊べそうです。

 MUSON アクションカメラ MC2

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*