サンワダイレクト ボディバッグ 200-BAG128NV

サンワダイレクトさんのサンバサダーにて、ボディバッグのモニターに選ばれました。

と言う訳で、今回レビューするのは以下のボディバッグ。

サンワダイレクト ボディバッグ 200-BAG128NV

ボディバッグは生地の違いで2種類と、それぞれのカラーが2種類の計4つ。

以下はベーシックなマット生地タイプでカラーはブラックorネイビー。

以下は存在感抜群な光沢生地タイプでカラーはブラックorトリコロール。

光沢生地タイプのトリコロールも捨てがたいのですが……
今回はカジュアルでもビジネスでも使えるように、と言うことで、落ち着いた感じのマット生地をチョイス。
また幅広く対応できそうな色と言うことで、ネイビーの方を選びました。

外観

そんな感じで届いた サンワダイレクト ボディバッグ 200-BAG128NV
001

ALPHAのロゴマークが目を引きますね。

ちなみにアルファ インダストリーズは1959年創業のミリタリーブランドで、本格的なミリタリー仕様からタウンユースまで、クオリティとファッション性、革新的なクリエイティビティと製作知識において前線に立っている企業です。
今回のボディバッグはアルファ インダストリーズの日本でのライセンス元であるエドウイン(EDWIN:こちらもジーンズの503等で有名ですね。)から承認を得てサンワダイレクトが「ALPHAの収納グッズ」としてシリーズ化している中の一つのようです。

さて、話を戻して、と……

ボディバッグ本体のネイビーは公式サイトの写真で見るよりも明るい感じです。
と言うのも表層がポリエステルなので、ある程度は光を反射するからでしょうね。
ブラックでも同様な感じになると思います。

内部

ではバッグの中を見ていきたいと思います。

先ずは前面ポケット。
003

バッグ表面の結構な幅がチャックで空けられます。
チャックを開くと鮮やかなオレンジ色が目に飛び込んできます。

あまり厚みのあるものは難しそうですが、チケットやスマホ等の頻繁に取り出す物を入れるのに良さそうです。
私的には文庫本入れておくのに使う予定です。

次はサブルーム。
予想以上にガッツリと開くことが出来ます。
002

背中側はメッシュポケットになっていて、大きめサイズが1つに、ペン刺しサイズが2つありました。
こちらも内部は色鮮やかなオレンジ色。

大きめサイズの方は、筆者のスマホHuawei GR5(5.5インチ)に手帳型カバーを付けた状態で入れるのに丁度良い感じのサイズでした。
なおかつ、メッシュポケットの下は少し空いているので、その下にガラケーP-03Aを入れておくのにピッタリ。
007

なんなの、この「誂えました」的なピッタリ感(w
もうスマホとガラケーは、ここで定位置確定ですね!(w
008

最後にメインルーム。
こちらもガバッと開くので出し入れが楽そうです。
勿論、ここも内部は鮮やかなオレンジ色。
004

こちらは結構収納力がありそうです。

背中側はクッションポケットになっているのでタブレット等を入れるのに良さそうです。
マジックテープなベルトでしっかりと固定されるので、開いた際に中身が飛び出すことも無さそうですし。
005

背面

体に当たる部分はクッション性が高いので中に入れた物に関わらず快適に使えそうです。
また全体的にメッシュになっているので通気性も良さそうですね。
006

装着イメージ

春先だと言うのに寒の戻りで冷え込むのでコート(w
ビジネススタイルイメージですが悪くないですね。
009

こちらはシャツにジーンズでカジュアルスタイルなイメージ。
010

まぁ、夏場だと上着手に持ってYシャツにスラックスとかなら似たような感じなので、上着脱いたビジネススタイルも似たようなものかも。

もっとも私的には職場がビジネスカジュアルですらなく、Tシャツにジーンズでも全然OKな感じなので公私のスタイル差は無いに等しいのですが……

ちなみに、上の写真ではビジネススタイルイメージと言うことでALPHAのリボンは外しています。
012

リボンがあるのと無いのだけでも印象変わりますね。
011

使ってみてどうなのよ?

届いてから一週間強、通勤でも私用でも使ってみました。

通勤時はスマホとガラケーはサブルーム定位置として、メインルームに折り畳み傘を、前面ポケットには文庫本を。
休日はメインルームから傘を取出して折りたたみ式のマイバッグを、前面ポケットは空の状態で。

先ずバッグ自体が軽いのが良いですね。
当然中に入れるもので重量変わってきますが、バッグ自体が軽量な事により最終的な重量の僅かな差での持ち運び感が変わりますので。

先の写真では背中側にバッグ本体を持ってきていますが、電車に乗る際等を考慮するとバッグ本体を前に持ってくる方が何かと便利ですね。
丁度、下の写真のような掛け方です。

前に持ってくる利点としては、電車の中で邪魔にならない、物が取り出しやすい、って感じですかね。

サブルームの定位置は秀逸です(w
スマホもガラケーもサッと取り出せて、とても使い易いです。

メインルームに折り畳み傘が一本丸々すっぽり入るのは良いですね。
雨が振りそうな微妙な天気でもボディバッグ一つで出かけられるのは手軽で良いです。

小型ながら、予想以上に収納力はあるのも良いですね。
勿論、中身入れたら入れた分重くなるので普段から詰めまくる訳じゃないですが、出先でちょっとした買い物程度ならボディバッグに収めて帰ることも出来るので、荷物を減らせられるのが良いのです。

また内部がオレンジ色と言うこともあって、締め忘れがありません。
何しろチャック空いてたらオレンジ色が目に飛び込んでくるので。
バッグから何かを取り出した後で締め忘れてる事って意外とあるんですよね……

改善希望点と言うか要望?

最初にも書きましたが、マット仕様と言いつつも表層がポリエステルなので予想以上に明るい色合いになっている点。
もう少し反射率が低くなって、暗めな色合いになると嬉しいですね。
ただポリエステルが故に小雨とかで水滴が付いても水弾きが良く拭き取りやすいという利点もあるわけですが……

カラーリングとして、マット生地でトリコロールってのもあると嬉しいかも。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*