義援金は日本赤十字社で

昨日の地震「東北地方太平洋沖地震」ってのが正式名称って事で良いのでしょうかね・・・
関西の方の震度は2~3程度だったようですが、マンションや高層ビルの上層階の方では、体感的には震度5程度はありましたね。
地震があった頃は、ちょうど客先で打ち合わせやってたんですが、客先が高層ビルの上層階だったので、大騒ぎになりました。
その後しばらくエレベータも停止してたので、帰りは階段で1Fまで下る羽目に・・・まぁ、被害が無くて何よりですが・・・

さて、現地の方の被害状況は、TV付ければ、どのチャンネルも同じようにヘリを飛ばして実況中継しているようですが・・・マスコミ各社とも阪神・淡路大震災の時から何も変わって無いようですね・・・
無神経なマスコミへの苛立ちは、被災したことのある地域の人なら誰もが感じているとは思いますが・・・少しは被災者の立場になって報道しろよ・・・と言いたくなりますよね。

東京地方も大々的に報道されてましたが、結局は交通遮断で帰宅難民が出たってだけだったのでしょうかね。
地震の被害よりも、津波の被害の方がありそうな気もしましたが、東京地方で津波の被害を受けそうな代表格である東京ディズニーリゾートのサイト見ても、施設を点検する程度で済むようなレベルで、倒壊したりとかは起きていないようなので大丈夫なようですね。
千葉に住んでる妹に安否確認したら、揺れた程度で特に被害は出て無いとの事でしたし。

それはさておき、さっそく義援金の募集が各所で始まっているようですが・・・
Yahooにしても、@niftyにしても、gooにしても、Grouponにしても、どこも各社のIDを作らないと義援金が送れない仕組みになっているのを見ると、純粋に被災者への支援と言うよりも、災害にかこつけて登録者数を増やしたいだけなんじゃないかと勘繰ってしまいますね。
まぁ、言い訳的には既存のシステムを流用しているから、とかになるのでしょうけど。
後、Grouponに至っては、ここの所の不祥事続きで悪いイメージが付いているのを払拭したくてやってるようにしか思えない辺りが・・・

とりあえず、一番確実なのは「日本赤十字社」だと思いますので、慌てなくても日本赤十字社から義援金の案内が出てから募金するので十分だと思います。(現状アクセス過多でサイトが表示されませんが・・・アクセスは出来るようになったようですが、義援金については協議中との事。慌てずに待ちましょう。)

今回も独り善がりな折鶴送り付け厨とかも出て来そうですが、ぶっちゃけ被災地になったら、そんな折鶴貰うよりも、飲食料等の方が有難いし、生活自体がひっ迫しているので、折り紙買う金があるくらいなら、その金をそのまま募金する方が余程被災地の為になりますから。

なお、前述の各社は大丈夫でしょうが、便乗した募金詐欺も横行すると思われますので、十分に気を付けてください。

ちなみに、現状ではユニセフで義援金は募っていないようですが・・・国連ユニセフ(国際連合児童基金/ユニセフ親善大使:黒柳徹子さん)と、異常思想で頻繁に叩かれている日本ユニセフ協会(日本ユニセフ協会大使:アグネス・チャン)は別団体なのでご注意を。([参考]田川一郎氏 日記風気まぐれエッセイ:第143話:国連ユニセフと日本ユニセフ協会
日本ユニセフ協会に募金すると、募金額の25%程度が日本ユニセフで用途不明金として抜かれた上で、残額が国連ユニセフに収められるそうですので、寄付全額を有効に使って欲しい人は、黒柳徹子さんを通じて国連ユニセフに募金する方が良いようです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*