メトロの存在価値が判らない・・・

Windows 8 Consumer Previewを色々弄って遊んでいる訳ですが・・・
デスクトップPCでのメトロの存在価値が判らないですね・・・ 悲しい

メトロの画面で、Windowsキー+Xを押すと、システムメニューの一覧が表示される事に気が付いた訳ですが・・・
そこから何かを選ぶと、結局デスクトップ画面に遷移して機能が表示されると言う・・・
001002

それならメトロ要らないじゃん・・・初めからデスクトップで良いじゃん・・・

 

そもそもメトロに初期登録されてるアプリ、どれもこれも不必要な物ばっかりだし。
IEにしろ、メールにしろ、フォトにしろ、わざわざメトロで使う必要が無いし。
デスクトップPCで使う場合は、メトロをOffに出来るオプションがあれば良いのですけどねぇ・・・

デスクトップPCのモニタがタッチスクリーンだとしても、わざわざ画面に手を伸ばして使う人が一体どれだけいるやら・・・
そしてタブレットでメトロを使うような人には、逆にデスクトップが要らんだろうし。
操作性の異なる物を、わざわざ融合して不便を強いる意味が感じられないですね。

ちなみに、Windowsキー+Xで出るメニューはメトロ専用と言う訳では無く、デスクトップでも出て来るので、ショートカットさえ覚えれば、スタートメニュー無くてもどうにかなるような気がしてきました。
003

主要なアプリはランチャーに登録しとけば良いだろうし。
どうせなら、このメニューの中にシャットダウンも入っていれば良かったんですけどねぇ・・・
まぁ、シャットダウンもランチャーに登録しときゃ楽かもしれません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*