3DS LL & とびだせ どうぶつの森 買いました

任天堂の3DS用ソフト「とびだせ どうぶつの森」が飛ぶように売れているそうで。
売れすぎて品薄になったと言う事で、社長がTwitterでお詫びのつぶやきをしたりと話題独占のようです。

別にそれに乗せられた訳では無いのですが、うちでも「とびだせ どうぶつの森」と、それを動かすために「ニンテンドー3DS LL」を購入しちゃいました。
まぁ、遊ぶのは嫁さんと子供であって、筆者は遊ばないんですけどね。

初夏の頃にワゴンで叩き売られてた「街へいこうよ どうぶつの森」を買ったのが事の始まり。
前から嫁さんが「街へいこうよ どうぶつの森」を気にはしてたんだけど「買っても遊ぶかなぁ」って感じだったのが、ワゴンで千円強で叩き売られてたのを見て即購入。
まぁ、買ってから暫く封も切らずに放置だったんだけど、8月末だか9月月頭だか辺りに、そう言えば積みゲーになってたよね、って事で一度試しに遊んでみようって事になって、やってみたら嫁さんと子供が見事にハマったと言う。

街へいこうよ どうぶつの森(ソフト単品)街へいこうよ どうぶつの森(ソフト単品)

そんな所へ、3DS版の「とびだせ どうぶつの森」が出るよって事だったので、どうする?(買うの?)って聞いてみたら、「でも、3DSだしなぁ……(3DS買わないと遊べないからなぁ……)」って事で様子見に。
そうこうしているうちに、3DSと「とびだせ どうぶつの森」を抱き合わせた「3DS LL とびだせ どうぶつの森パック」が発表されたり。

ニンテンドー3DS LL とびだせ どうぶつの森パック (SPR-S-WBDC)ニンテンドー3DS LL とびだせ どうぶつの森パック (SPR-S-WBDC)

んで、「3DS LL とびだせ どうぶつの森パック」のデザインが可愛いって事で、嫁さんが俄然買う気になったんだけど、ここに大きな落とし穴が。
何の嫌がらせか知らないけど、抱き合わせされているのがカセットじゃ無く、ダウンロード(DL)版だったと言う。

「これ欲しい! o(^O^*=*^O^)o」だった嫁さんの態度が、同梱がDL版って判った途端に「んじゃ、イラナイ。 ( ̄□ ̄ノ)ノ⌒」って感じに。
他の3DSにSDカード差し替えればそのまま遊べる、とかなら未だしも、他の3DSで遊ぼうと思ったら、いちいち引っ越し手続しないと駄目とか、もうね。
カセットなら差し替えるだけで遊べるのに不便すぎるわ。

そもそも、本体壊れたら引っ越しすら出来ない気が……
(これ本体壊れた時の引っ越し補償ってあるんでしょうかね?)
ついでに、DL版の再ダウンロードをいつまで保証してくれるのかすら判らないし。

大体、パッケージも説明書も何も付かない・残らないDL版が、カセット版と同じ値段って時点でおかしいでしょ。
パッケージや説明書の費用省けている訳だし、流通コストも無いのに同じ値段ってボッタクリ過ぎ。
と言うか、これじゃDL版選ぶメリットが何も無いんだけど……

それが判ってるからか、初期出荷のカセットの本数を絞って品薄煽って、DL版を買うように仕向けてたって話のようですが……何だかなぁ……

まぁ、それはそれとして、DL版なんて論外なので、カセット版同梱したパック出してくれないかなぁ、もしくは、ソフト抱き合わせてない、どうぶつの森デザインの本体のみとか出してくれないかなぁ、とダメ元で任天堂に問い合わせてみたけど「DL版との抱き合わせしかやる気は無い(意訳)」との回答が来たので「3DS LL とびだせ どうぶつの森パック」は諦める事に。

そうこうしている内に嫁さんの熱も冷めてきて、とりあえず3DS買うのは1台で良いや、と投げやりに。
抱き合わせパックがカセット版なら、嫁さん用にそれ買って、子供用に別に1台買う予定だったんだけど……

ぐだぐだと愚痴を書いたけど、要はそういう流れで、3DSと「とびだせ どうぶつの森」カセット版単品を買う事に。
でも、そのぐだぐだで嫁さんが悩んでいる間に、カセット版の予約は全滅状態に。
で、発売日前日にいきなり「やっぱり、どうぶつの森は欲しい」とか言われても、予約分完売でどこにも売ってないっての(^^;

そんな訳で、次回入荷の予約受付している所を探して見たんだけど……

先ずはHMVを確認。
何でHMVかって言うと、単純にWebMoneyが使用出来る数少ない店だから。
でも、「とびだせ どうぶつの森」の追加分は無かった……

次にAmazonを確認。
見事なまでに屑転売屋ばかりが表示されたので、そのままブラウザのタブ閉じた。

結局は ぐぐって探して落ち着いたんだけど、上新電機が次回分の予約受け付けてたので、ここに決定。

んで、3DS本体の方はHMVに在庫があったので、HMVでWebMoney払いで注文を。

そして……

昨日(2012/11/17)、無事に双方から本体とソフトが届きました。
雨降ってる中届けてくれた宅配屋さん、ありがとう!
clip_1
clip_2

とか言いつつ、結局昨日は「とびだせ どうぶつの森」自体は起動してなかったり。

うん、嫁さんと子供の どっちが村長やるのか未だ決まってないんです(^^;
まぁ、そもそも村長ってなにやるの?って所な状態ですから。

そして最初に3DSを触ったのは筆者。
まぁ、本体設定(ネットワーク設定とか。)しないと駄目なので、当たり前なんですが。
clip_3

にしても、3D表示の気色悪い事(w
飛び出すというより、奥行きが出来る、って感じですね。

設定してて驚いたのが、無線の暗号化方式がWPA/WPA2-PSKに対応してたって事。
DSiはWEPにしか対応してなかったので、わざわざDSi用に設定が必要だったけど、3DSではPCと同じ設定が使えるようになったんですね。

どっちにしろ、DSiを使わなくなる訳でも無いから、そのまま併用なんですが。
ちなみに、無線APは非公開かつMACアドレスでのアクセス制限かけてます。

さて、いずれにしても当分3DSは「とびだせ どうぶつの森」専用機ですね。

icon icon とびだせ どうぶつの森

———-
2012年11月18日 14時半頃追記

DSiの設定確認してみたら、上級者設定でWPA2-PSK(AES)設定可能でした。
そういやDSi買った時に、そういう設定やろうとして、何かの理由でWEPじゃないと駄目、みたいな事になってた気がするなぁ、と思って、ぐぐってみたら、DSiで古いDS用のソフトを動かした場合に、それが通信する際にはWPA2-PSK(AES)設定しても無視されて、WEPでしか通信出来ない、って物でした。

って事で、DSiはブラウズする時はWPA2-PSK(AES)使えるけど、ゲームの時はWEPしか使えない物だと、今までずっと勘違いしてたようです(^^;
WEPしか使えないのはDSiよりも前の古いDS用のソフト使う時だけ、ってのが正解なようです。
となれば、WEPなんて使う必要が無いので、WPA2-PSK(AES)一本に無線APの設定を変更し直し、無線機器全てをWPA2-PSK(AES)で繋がる様にしたのでした。これでスッキリ(^^;

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*