Hape アルファベット アバカス

今回Hapeさんの「おもちゃのモニター」に応募したところ、「お子様のご年齢にぴったりのHape商品をご用意しますので、ぜひお楽しみください。」との事で送られてきたのが「アルファベット アバカス」でした。

hape

こちらの「アルファベット アバカス」、「アーリーエクスプローラー」というシリーズの1つで、『楽しくアルファベットと数字が学べるアバカスです。アルファベットの裏面にはイラストがついているので、楽しくABCを覚えることが出来ます。イラストには、絵の名前が英語で書かれています。数字の裏面には、英語でone・two・threeと数字が書かれています。木製カードをクルリと回すことで、指先の器用さも養うことができます。』との事。

hape2

「アーリーエクスプローラー」というシリーズは『「はじめて」のおもちゃ達が、よちよち歩きの調整能力、器用さ、想像力、シンプルな問題解決能力を引き出します。』と言うもので、Hapeのおもちゃは多数の製品が用意されているだけでなく、各シリーズ毎に明確な目的を持ってラインナップされているんですね。

hape3

先日4歳になったばかりのU君、興味津々でいろいろ触っているものの、まだ楽しくABCを学べるところには、ほど遠いようです(^^;

例えばFの裏には魚のイラストとfishの文字が書かれていますが……

「これ、おさかなやで……」

うん……そうですね、おさかなですね(^^;

という感じなので、母国語が英語じゃない家庭だと絵で見てアルファベットに繋がるまでの道のりは長そうです。

hape4

英語の前に、ひらがな・カタカナ覚える必要もありますしね。

対象年齢は3歳/4歳/5歳~との事ですが、今は木のおもちゃとして遊んでいて、小学生直前くらいから学ぶおもちゃとして、って感じかなぁ、と思ったり。

まぁ、今のご時世だと幼稚園で英語を教わったりする所もあるそうなので、そういう所に通っている子だと、3歳くらいからでも役立つような気はします。

木のおもちゃと言うことで、木のぬくもり的なものの安心感と言うのはありますね。

今はパネルをくるくる回したり、絵や字の面を揃えるくらいの遊びがメインですが、1~2年のうちに遊びながら英語を学べるようになっていると嬉しいですね。

[メーカーサイト] Hape アーリーエクスプローラー アルファベット アバカス E1002 (3歳~)

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*