EasyAcc 20000mAh 大容量モバイルバッテリー PB20000MS

スマホって便利ですよね。
でもスマホを多用するようになってくるとバッテリー残量を気にせざるを得なくなってきます。

そこで活躍するのがモバイルバッテリーですが……
amazonを覗いてみるとメジャーなAnkerの商品が目白押しですね。

でも今回のレビューはAnker製品ではなく、EasyAccと言うメーカーの製品です。
米amazonでは高評価を得ているメーカーで、日本でも急速に知名度が上がってきているようです。

今回のレビュー対象は、そのEasyAccさんの「20000mAh 大容量モバイルバッテリー」です。

 EasyAcc 20000mAh 大容量モバイルバッテリー

先ずはパッケージ。海外製品に多く見られるシンプルなパッケージですね。
001

内容物。
バッテリー本体に、Micro USBケーブルが2本、そして日本語説明書。
002

そう、そうなんですよ、取扱説明書がマルチリンガルとかではなく、ちゃんと日本市場向けに日本語の説明書なんです。

003

注意点としては、Micro USBケーブルは2本付いてくるけど、ACアダプタは付いていないので、USB充電器持ってない方はご注意ください。
ってスマホ持ってる時点で普通はUSB充電器くらいいくつか持ってる筈ですよね……
持って無かったら今までどうやってスマホ充電してたのかと(ry

外観を見てみる

さて、それではモバイルバッテリー本体を見ていきましょう。

先ずは全体的に。
マットなブラックをベースに、サイドにオレンジラインのアクセント。
好みはあるでしょうが、私的には結構好みです。
004

正面?になるのかな、コネクタ類が集中している側。
端っこに大きな丸いレンズが、って思ったら、これLEDフラッシュライトなんだそうで。
005

出力用のUSBポート(スマホとかの機器を充電するための口)は4つ。って、え?4つ?
そう、出力用のUSBポート4つもあるんですよ、モバイルバッテリーなのに。

サイドには入力用のUSBポート(モバイルバッテリー本体自体を充電するための口)が2つありま……す?何で?
006

これ本体自体のバッテリー容量が大きいため、1入力だと充電に時間がかかるから、2つの入力で倍速充電、って事のようです。
へー、色々と考えられているんですね……米amazonで高評価なのにも納得です。

反対側のサイドには電源ボタンがありました。
007

電源ボタンを1回押すとバッテリー残量のインジケーター表示、2回押すとLEDフラッシュライトが点灯して懐中電灯として使用出来るそうです。

さっそく使ってみよう!

では、さっそく使ってみましょう。
と、その前にバッテリー残量は、っと……うん、残量が無いね(^^;

インジケーターLEDが1つしか点灯してないので残量は5%超過25%未満、なようです。
って事で充電しましょう。
008

そして待つこと数時間。
LED4つ点灯、充電完了!満充電です。
009

充電も完了したことなので、先ずは気になるLEDフラッシュライトを。
ポチポチッ、ピカーッ!明るっ!?
010

非常時とかに活躍しそうな感じですね。

さて、本筋の充電を。

USBを繋いだ瞬間から自動的に充電が始まります。
Smartテクノロジーで各USBポートに接続されたデバイスを自動的に検知して、接続された機器に適切な最大スピードで充電するんだそうですよ。
そして満充電になれば自動的に充電を停止するので、過充電の心配も要らないそうです。
011

タブレット(lenovo YOGA TABLET8)、スマホ×2台(Huawei GR5、SHARP AQUOS SH-M01)、任天堂 3DS LL、の計4台を同時に充電してみましたが、充電出来なくなったりする事無く、普通に充電されてました。

モバイルだけど気軽に持ち運べるかは別問題

なかなか凄い製品なんですが、ハイパワー故に重量が代償になっています。
バッテリー本体の重量は公称値では454gとの事ですが、実測では449gでした。
012

本体のみを手に持ってみると、結構ずっしり来ます。

筆者が普段使用しているスマホ Huawei GR5 が公称値で158gなので、おおよそGR5が2.8台分の重さって事になります。
また、GR5のバッテリー容量は3,000mAhなので、20,000mAhなPB20000MSならGR5に6.67回充電出来る計算になります。

少なく見積もってもGR5を6回充電するくらいは可能な事になりますので、バッテリー容量からすれば軽い事になるんでしょうが……
絶対的な重量としては、気軽に持ち運べる重さかと言うと微妙ですね(^^;

ただ同容量(20,000mAh)のモバイルバッテリーだとAnkerとかPoweraddとかのも似たような重さなので、EasyAccのが特別重いって訳ではなく、この容量だと平均的な重さって事になりますね。

ちなみに価格的にはAnkerの同容量のと較べて気持ち安いかな、って感じですね。
でも、AnkerとかPoweraddのは出力2ポートなので、使用機器の数が多めな方には出力4ポートなのは魅力かもしれませんね。

[公式サイト] EasyAcc EasyAcc Monster 20000mAh Power Bank

プロモーションコード配布中!

2016年6月13日~7月13日の約1ヶ月間、amazonで商品購入時にプロモーションコード「T72ROEDB」を入力すると200円割引になるそうです。
気になってる方は、この機会に是非!

 [amazon] EasyAcc 20000mAh 大容量モバイルバッテリー

5747-3830-296624

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*