[更新]スタートアップチェッカー

実行時エラー対策版の、Version 3.0.1.0を公開しました。

エラーの原因は、過去にmsconfigやスタートアップチェッカーで自動起動項目を無効化した事のない環境下において、無効化情報を保存しているフォルダやレジストリキーが存在せず、その場合のエラー処理が漏れていた、という物でした。

一応、作者のエラー再現環境にて動作することを確認していますが、心配な方は暫く様子見てから導入を検討してください。

スタートアップチェッカー Version 3.0.1.0
Vectorに掲載されましたので、Vectorからダウンロードしてください。

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. masa より:

    メッセージダイアログは表示されませんでした。
    取りあえず旧バージョンに戻しました。

  2. cougar(管理人) cougar より:

    Version 3.0.1.0では、スタートアップ情報取得時にエラーが出た場合、メッセージダイアログが表示されるように変更していますが、メッセージダイアログは表示されましたでしょうか?

  3. まさ より:

    一旦アンインストールして、再度インストールしてみましたが、やはり一瞬だけしか起動しませんでした。
    あと、スタートアップウォッチャーが起動すると下記のエラーがでました。

    Microsoft .NET Framework

    アプリケーションのコンポーネントで、ハンドルされていない例外が発生しました。[続行] をクリックすると、アプリケーションはこのエラーを無視し、続行しようとします。[終了] をクリックすると、アプリケーションは直ちに終了します。

    オブジェクト参照がオブジェクト インスタンスに設定されていません。

    Just-In-Time (JIT) デバッグを呼び出すための詳細については、
    ダイアログ ボックスではなく、このメッセージの最後を参照してください。

    ************** 例外テキスト **************
    System.NullReferenceException: オブジェクト参照がオブジェクト インスタンスに設定されていません。
    場所 SupWatch.Form1.funcGetList()
    場所 SupWatch.Form1.Form1_Load(Object sender, EventArgs e)
    場所 System.Windows.Forms.Form.OnLoad(EventArgs e)
    場所 System.Windows.Forms.Form.OnCreateControl()
    場所 System.Windows.Forms.Control.CreateControl(Boolean fIgnoreVisible)
    場所 System.Windows.Forms.Control.CreateControl()
    場所 System.Windows.Forms.Control.WmShowWindow(Message& m)
    場所 System.Windows.Forms.Control.WndProc(Message& m)
    場所 System.Windows.Forms.ScrollableControl.WndProc(Message& m)
    場所 System.Windows.Forms.ContainerControl.WndProc(Message& m)
    場所 System.Windows.Forms.Form.WmShowWindow(Message& m)
    場所 System.Windows.Forms.Form.WndProc(Message& m)
    場所 SupWatch.Form1.WndProc(Message& m)
    場所 System.Windows.Forms.Control.ControlNativeWindow.OnMessage(Message& m)
    場所 System.Windows.Forms.Control.ControlNativeWindow.WndProc(Message& m)
    場所 System.Windows.Forms.NativeWindow.Callback(IntPtr hWnd, Int32 msg, IntPtr wparam, IntPtr lparam)

    ************** 読み込まれたアセンブリ **************
    mscorlib
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.3607 (GDR.050727-3600)
    コードベース: file:///C:/WINDOWS/Microsoft.NET/Framework/v2.0.50727/mscorlib.dll
    —————————————-
    SupWatch
    アセンブリ バージョン: 3.0.1.0
    Win32 バージョン: 3.0.1.0
    コードベース: file:///D:/Program%20Files/FOS%20Software/SupChk/SupWatch.exe
    —————————————-
    System.Windows.Forms
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.3053 (netfxsp.050727-3000)
    コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System.Windows.Forms/2.0.0.0__b77a5c561934e089/System.Windows.Forms.dll
    —————————————-
    System
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.3614 (GDR.050727-3600)
    コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System/2.0.0.0__b77a5c561934e089/System.dll
    —————————————-
    System.Drawing
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.3053 (netfxsp.050727-3000)
    コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System.Drawing/2.0.0.0__b03f5f7f11d50a3a/System.Drawing.dll
    —————————————-
    System.ServiceProcess
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.3053 (netfxsp.050727-3000)
    コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System.ServiceProcess/2.0.0.0__b03f5f7f11d50a3a/System.ServiceProcess.dll
    —————————————-
    Microsoft.VisualBasic
    アセンブリ バージョン: 8.0.0.0
    Win32 バージョン: 8.0.50727.3053 (netfxsp.050727-3000)
    コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/Microsoft.VisualBasic/8.0.0.0__b03f5f7f11d50a3a/Microsoft.VisualBasic.dll
    —————————————-
    mscorlib.resources
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.3607 (GDR.050727-3600)
    コードベース: file:///C:/WINDOWS/Microsoft.NET/Framework/v2.0.50727/mscorlib.dll
    —————————————-
    System.Windows.Forms.resources
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.3053 (netfxsp.050727-3000)
    コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System.Windows.Forms.resources/2.0.0.0_ja_b77a5c561934e089/System.Windows.Forms.resources.dll
    —————————————-

    ************** JIT デバッグ **************
    Just-In-Time (JIT) デバッグを有効にするには、このアプリケーション、
    またはコンピュータ (machine.config) の構成ファイルの jitDebugging
    値を system.windows.forms セクションで設定しなければなりません。
    アプリケーションはまた、デバッグを有効にしてコンパイルされなければ
    なりません。

    例:

    JIT デバッグが有効なときは、このダイアログ ボックスで処理するよりも、
    ハンドルされていない例外はすべてコンピュータに登録された
    JIT デバッガに設定されなければなりません。

  4. masa より:

    インストールしてみたのですが
    一瞬だけ表示されてすぐ終了してしまいました。
    初回のみ”ひろ”さんと同じようなエラーが表示されました。
    XP SP3ですがNET Framework 3.0は入っています。

コメントを残す

*