任天堂崖っぷち?3DSが大幅値下げ

と言う訳で、既に知っている人の方が多いと思いますが、ニンテンドー3DSが1万円も値下げされて1万5千円に価格改定です。

3DSと言えば、今年頭に出たばかり。
半年も経っていないのに、現行の2万5千円から1万5千円(4割引)へと価格改定とは、また思い切った事を・・・
既に3DS買っちゃった方達、ご愁傷様です。

一応、既存ユーザ向けにバーチャルコンソールのゲーム20本程無料提供って事のようですが・・・
とてもじゃないけど、1万円の値下げの補填には見合わないでしょう。(補填してくれるだけマシですが。)
もっとも、既存ユーザーは3DSに2万5千円の価値があると思って納得して、その価格で購入していた訳ですから、外野がやいのやいの言う程ガッカリはしてないのかもしれませんね。

今回の価格改定で、(定価ベースでは)DSiと同価になるので、買い替えの際には3DSにする人も増えてくるかもしれません。
もっとも3D表示は殺して使う人が多そうな気がしますが・・・

試遊台で遊んでみれば判りますが、3D表示はかなり目に負担がかかるし、遊んでると気持ち悪くなるし。
慣れの問題とか、相性の問題もあるだろうけど、少なくとも子供に遊ばせちゃダメなゲーム機だなぁ、とは強く感じましたね。(って事で、うちの子にはDSiを買った。3DS買わなくて本当に良かった(w )
もし買い換えたり、買い足すような事があるなら、その時は3DS買って3D機能殺して使うかなぁ、って所ですね。

3DSも、この本体価格なら、ポケモンとテイルズで何とか牽引出来るのかなぁ・・・
本体価格の値下げ、意外とバンダイとかのサードパーティから突かれたんだったりして(w
(本体全然売れてないからソフトも売れないじゃないか、何とかしろ!なんて。)

本当に3Dって、任天堂にとっては鬼門ですね。
DSiとの互換性が無かったら、今頃バーチャルボーイを追って黒歴史に追加されている所ですよね(w

でも、Wii Uの方も黒歴史化しそうな気配なんですが・・・任天堂大丈夫なのか?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*