シュガーファース・・・

昨年末に近鉄百貨店 阿倍野店のお菓子売り場に行った際、何やらおばちゃん連中が集ってる店がありまして、それがシュガーファースとか言う奴で、「こがしバターのシュガー・ウェファース」って売り文句が。
まぁ、その時は「キース・マンハッタン」の「ローストナッツブラウニー」(超お勧め!絶品。)を買うために立ち寄ってたので、シュガーファースは買わなかった訳ですが・・・

んで先日、嫁さんが近鉄百貨店 阿倍野店のホームページ見てて、シュガーファースに興味持ったようなので、試し買いしてみることに。
時間帯が良かったのか、昨年末に立ち寄った時のような大行列は無かったので一安心。
でも、並んでたら後ろにずらずらと列が伸びていきましたけどね(^^;

とりあえず「プレーン」と「ビトウィーン」のお買い得パック(小)を購入。
んで、実際に食べてみた訳ですが・・・

確かに一般的な「ウエハース」とは完全に別物ですね。
一般的に思い浮かべるウエハースのような柔らかさではなく、パリッって感じの食感。
ただ・・・甘い・・・甘過ぎる。特に「ビトウィーン」が。
後、内容量と値段考えると、かなり割高なお菓子かなぁ、って感じ。

もっとも、くどいくらいの甘さが好きな人なら口に合うかも知れません。
実際に筆者の前に並んでたおばちゃんは、ヘビー・リピーターのようで、レジのお姉ちゃんがその人の顔見た瞬間に「いつもお買い上げ有難うございます。」なんて挨拶してましたからね。
結構な数を買ってたし、小分け袋付けて貰ってたので、あちこちに配っているのかもしれません。

うちでは嫁さんの評判も芳しくなかったので、リピ買いは無いと思いますが。

まぁ、近鉄百貨店 阿倍野店のお菓子売り場は美味しい店が揃ってるので、また新しいお菓子を物色ですね。
にしても・・・会社帰りとかに立ち寄れる時間帯だと、「ケーニヒスクローネ」の「クローネ」は販売終了した後ってのがなぁ・・・って、元から販売開始時間に居合わせないと買えない商品ですけどね。
後は・・・「あべのデパ地下NOW」で紹介されてる「ベイクドマジック」の「キャラメルパイ」とかも気になりますね。

最近コバルト文庫とかの扱いが酷くて、最後の砦と言うか、種類・在庫共に豊富なのが「アポロビル」に入ってる「喜久屋書店」だったり。
って事で、嫁さんが購読してるコバルトとかのシリーズが出る度に「喜久屋書店」に買いに行く訳ですが・・・
喜久屋書店」で新刊ゲット→「近鉄百貨店 阿倍野店」でお菓子ゲット、って流れが出来てたり(w

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*